酵素風呂で便秘解消?腸内もスッキリデトックス!

お腹をおさえる女性

便秘だと大腸がんが起きやすいって本当?

診察

日本人は便秘に悩んでいる人が多いと言われています。
便秘になりやすいと、大腸がんも引き起こしやすくなってしまうのでしょうか?
今回は便秘と大腸がんの関係性についてご紹介します。

便秘と大腸がんの関係

便秘と大腸がんは、切り離せないほど深い関わりを持っています。
大腸がんの7割は直腸とS字結腸で発症すると言われていますが、この場所は便が長時間溜まりやすい場所でもあります。
便秘になると、腸内に便が溜まっている時間が長くなると発がん物質が生まれ、大腸がんになる危険性が高まるのです。
慢性的な便秘を抱えている人ほど、排便力を高めて腸内環境を整える必要があります。

便秘を改善するには

便秘を改善するために下剤に頼る人も多くいますが、下剤はあくまでも短期間の使用を想定して作られています。
そのため、下剤だけに頼るのではなく、体内の環境を整えていかなければ便秘改善はできません。
また、便が出なくなる度に下剤を使い「下剤の依存症」になってしまうと、下剤を飲まないと便が出ないという状態になってしまいます。

下剤に頼らないためには、食生活や生活習慣の見直しをすることはもちろん重要なポイントになりますが、今までのスタイルを急に変えるのはとても難しいことです。
そういった方は酵素風呂を活用すると良いでしょう。
酵素風呂に入ることで、腸内の働きを改善し、便秘改善につなげることができます。
排便力を高め、快適で健康的な日々を送りましょう。

最新記事一覧